PINTO funny car : JO-HAN 1/25


2017年8月 完成


何時、何処で買ったか忘れてしまったキットですが、40年くらい昔に買ったものです。

手を付けたのはそれから数年経ってからだったと思います。

当時は資料らしきものが全く無く、箱の絵だけを頼りに製作を開始、シャーシを組み終わったところでお蔵入りとなっていました。

あれからウン十年、ネットを捜せば資料は沢山出てくるし、製作アイテムも至れり尽くせりの今日この頃、押入れの奥から引っ張り出しレストア開始となりました。

一番心配だったデカールも、日光漂白で黄ばみをなんとか白くでき、マークセッター、マークソフター、リキッドデカールフィルムのお世話になって、無事貼り付けることができました。


レストアはスチュードベイカーに続いて2台目ですが、一度組んだものをバラして再組み立てをするわけで、新しいものから組むよりとても手間がかかります。

ただ、組み直すことによって、技術が低かった自分がどれだけ腕が上がったかを実感できるので、出来上がったときの充実感は普段とちょっと違った気分を味わえます。


基本的に「市販車ノーマル」の製作ばかり作ってきましたが、たまにはこういった派手な車もいいもんですね。

因みにJO-HANのキットは今回初めて完成させましたが、キットとしての完成度が大変高く、モノグラムに似た感じを受けました。

好きなメーカーです。