アルファロメオ ジュリエッタ スパイダー 製作記 : プロター 1/24  その1



2015/8/2


フェアレディーZの工作が終わる前から次はアレを作ろうと考えていました。
先日予約注文しておいたレベルのポルシェ914。
7月中旬発売予定だったので、もう来てもいい頃・・・
欲しかったものが手元に来たときが一番テンションが上がっているので、この勢いのままで工作突入と行きたかったんですが、予約先からメールが届きました。
な、な、なんと、発売延期。それも10月末ごろだそうな・・・(゜o゜) 3ヶ月先かよ。orz

まあいいや。
気を取り直して別なものを作りましょう。

ということで作ることになったのが表題にあるように「アルファロメオジュリエッタ スパイダー」というプロターの1/24です。
この車の とある写真に目が留まり、それを目指して製作します。
私にしては珍しくノーマルではありません。
まだここではどんなものかは発表しませんが、製作過程ですぐにバレると思います。

で、先ずはキットの内容の考察から。
私はプロターを作るのは初めてです。
なんか新鮮でいいですね。

それでは始めます。
ボディー関連。
この車のキットにはエンジン付きもあるようですが、私のはエンジンレス。
エンジン付きのためにボンネットは別パーツになっているのは納得できますが、どうしてトランクフードが別なのかな?まあ、合わせはいいのでよしとします。
ドアも別パーツでヒンジがあるのかな・・・?


ドアの内張りがありますが、ボディー側に差し込むだけのようです。
まあ、ガタガタのヒンジよりもかえっていいかも。
ここは自作ヒンジとしましょう。
パーツ構成はまあこんなもんかと思いきや、後ほどびっくりすることとなります。
乞うご期待。(^^ゞ


メッキパーツ。
この中で使うのはアレとコレとソレだけかな?・・・あ、もう一つあった。


透明パーツ。
この中ではテールランプとウィンカーランプのみ使用。
テールランプは一つランナーから外れていて、それをビニール袋に入れて同梱してありました。




タイヤははっきりいって使いたくありません。
手持ちの中からいいのを選びましょう。


デカール。
トレペ越しでよく見えませんね。
組立説明書にホチキス止めです。





いよいよ工作に入ります。
バルクヘッドとダッシュボードが一体になったパーツ。


2分割に。
このプラスチック材料なんですが、実に加工しやすい。
エッチングノコもサクサク入っていくし、粘らないのでヤスリも掛けやすい。
国産には無い材料だと思います。


ダッシュボードをボディーに接着。


ポリパテで広範囲に盛り付け、


ボディーのラインと一体になるように仕上げました。
ワイパーとウィンドシールドの取り付穴は塞ぎます。
とまあ、とりあえずこんなところですね。
エンジンレスなので作業が捗ります。(^_^)v

2015/8/2


戻る     次へ