フェアレディZ 製作記 : ハセガワ 1/24  その2

戻る


前回からずいぶん開いてしまいました。
ホビーショーがあったり愛犬が死んでしまったり・・特に愛犬の死は気分的にずいぶんとテンションが下がりました。
まだ何かにつけ思い出してはため息をついています。寿命だからしょうがないと思いながらも・・・

さあ、気を取り直して、と。
ボンネットオープンの代わりにドアオープンにしようと、何とか両側のドアを切り離しました。
ボディーから切り離してのドアオープン化は始めてです。
上手くできるかな?


そうなると内側のパネルもカットしなくてはなりません。
左上の部分、ダッシュボードの奥に当たる部分がカットされているので塞ぎます。


1mmのプラバンを当てて接着。裏側に補強の板も取り付けました。


そしてドアパネル部をカットします。
先のプラバンによる作業はドアパネルをカットしたときに、3角の部分が脱落しないようにするためです。
この3角の部分にダッシュパネルが取り付きます。


切り離したドアと内張りを仮組し、ドア側に丸めたエポキシパテを乗せます。


そしてドアの内張りを位置を合わせて取り付けます。
このときエポキシパテを押しつぶすような状態になります。


ドアの外板と内張りはこの位置関係となりますので、次の作業は内張りに沿ってパネルをぐるりと取り付けます。


この段階でドアヒンジも作っておきます。
0.8mmのバネ用SUS線です。


仮組ですがこんな感じになります。




内張りに戻りますが、ドアの下部面や、
ドアの後ろ側パネル部を塞がなくてはなりません。


それからリヤウィンドウ周りのパネルも手を加えないとなりませんね。
けっこう大変かも・・・。まあ、じっくりやります。
2014/6/1




前回の更新からもう3週間ですね。
なんか、ぜ〜んぜん進んでいません。
進行状況をUPするのもお恥ずかしい状態です。
どうしてか・・・なんてここで書いたってしょうもないので書かない。
とにかくちょっとだけ進んだ内容のレポートです。
このプラモを作り始めるときに宣言した「エンジンレス」は撤回。
エンジン乗せます。L20型。渋いでしょ。
エンジンルームの資料が割りとたくさん手に入ってので、それじゃって気になりました。
フジミのエンジンを乗せますが、エンジン以外のパーツは殆ど無いので自作するか他のキットから流用するか。
因みにマスターシリンダーとかバッテリーとかデストリビュータとかですが、今回は安易な方法を選択します。
タミヤのGT/Rのパーツから拝借させてもらおうと、タミヤにパーツ請求したのですが7月末にならないと用意できないとのこと。
ここでまた一つ力が抜けました。(ーー;)


じゃ違うところから手を着けようとドアユニットの製作に入ります。
先日切り離したドア内張りにぐるりと0.5mmのプラバンを接着。


補強のためにポリパテで内側をしっかり固定。


パテが固まったところで、合わせては削り々々して隙間を埋めました。
薄く開いた隙間は後からパテ埋めします。

ということで、こんなところなんですね。
まあ、いいか。
2014/06/22


戻る     次へ