BMW2002 turbo 制作記 : バンダイ 1/20 その1


一覧へ



初ブログに載せるのはこのモデルから、という記念すべきものとなりました。
バンダイ 1/20 価格1400円
これは何時ごろ買ったんだろう・・・昭和50年前後だとは思う。


中身はこんなもの。足回りはダイキャストです。
ところが長い間天袋に入れておいたものだから、湿気によってダメージを受けてしまいました。


デカールは使い物になりません。
これで制作意欲をなくしていましたが、最近はいい時代になりました。
インクジェットプリンターでデカールが自作できるようで、がんばって作ってみよう。


タイヤもこんなんです。(左) べとべとしてます。
1/20のタイヤが手に入るだろうか・・・と心配していましたが、いいタイヤを見つけることが出来ました。(右)
フジミの250GTO 1/24のものです。タイヤ径バッチリです。パーツ購入しました。

さて、これで作り始められるぞ、と。



デカールを製作するのにどのようなツールでデザインするか、まあ、いろいろとあると思いますが、やはり一番使い慣れているツールが速いし上手くゆきますね。
私の場合、商売道具であるCADにて描いています。というか他のツールは使ったことが無いので解らないのね。(^^ゞ
これはA4の紙に試し刷りです。(歪みはマクロモードで写したから)

ラインは1/1です。何度か出力してはボディーにあてがって修正しながら完成です。
BMWのマークは大きく書いてから"inkscape"に取り込んでサイズ調整して印刷します。

この方法でメーターも製作します。ただいまCADにてお絵かき中。 


CADにてメーターの絵を描いて、それを「Inkscape」に取り込みます。
画像編集ソフトには 「ペイントソフト」というものと「ドローソフ」というものがあります。
Windows標準のペイントは前者で、Inkscapeは後者です。
理屈はともかく、細かいもの(今回の直径3〜4mmのメーターの様な)を印刷するのにはドローソフトでないときれいに印刷できません。

Inkscapeにメーターの画像を貼り付ける。


プリンターで印刷。左からスピ−ドメーター、タコメーター、コンビネーション、時計、プースト圧

デカールにはしません。カットしてメーターパネルに埋め込みます。
メーターはとりあえずここまで。



次はフロントグリルをなんとかせねば。

1/20スケールでこれでは納得できません。


中をくりぬきました。プラバンを重ねてはめ込みます・・・というところで今日はここまで。

ブログというものをはじめて立ち上げたものだから、体裁を整えるのに多くの時間がかかり、製作時間があまりとれませんでした。
まだ他の作品も掲載予定ですし、ストックもまだまだいっぱいあります。
しばらくは同時進行でのんびりやっていくのだ。




ロントグリルの製作です。

0.5mmのプラバンを短冊状に切って


接着したらのこぎりでカットします。
これを4個にしようか6個にしようか?バランスを見て決めようかね。


それはそれとして、ボディーですが、ボンネット内部。


こちら本物。
ちがうよねー。フロントガラス下部。ほっとけないよねー。
このキットの発売当時はインターネットなど無かったから、本物の写真なんかそう簡単に手に入らなかった。
解らなければそのまま平気で作っちゃったんだろうけど、知ってしまったからにはなんとかせねば・・・


などと悩んでいるうちに今週の締め切りが近づいてきました。
今週もブログの体裁作りに時間を掛けてしまった。
いろいろな方に見に来てもらう前に少しでも体裁良くしようとしたものだから・・・

おまけに今日は娘のパソコン購入に付き合わされるし・・・
といいつつ、少し小遣いをあげてしまうお父さんでありました。ちゃんちゃん。




前回作りかけた櫛型のパーツは一週間経つうちに気に入らなくなり、ボツとなりました。
違う構想で進めます。

このように0.5mmのプラバンを短冊状にカットし、ノコでスリットを入れました。


それを一枚おきにやはり0.5mmのプラバンスペーサーといっしょに重ねて縦リブを接着します。
斜めに押して傾斜をつけ、接着剤が固まったところでスペーサーを抜くとこんな感じになりました。
構想どおり。


先日くり抜いた枠にはめ込んでみました。


結構いい感じでしょ。(自画自賛)
因みに中央の縦リブは0.3mmプラバンです。



次、ボディーの改造に入ります。
フロントガラス下部を、カットしました。


先づ、雨ドイ(?)の部分から再現します。
0.3mmのプラバンをボディーラインに合わせてR状にカット。
このRを拾うのに一苦労しました。
立ち上がり部分は0.5mmのプラバンを細く切って接着。
仮止めですが、これもまあそれらしくできそうです。

戻る    次へ