BMW2002 turbo 制作記 : バンダイ 1/20 その2



バルクヘッド部に手を加えます。
前回、バルクヘッド上部のボディーをカットしたため、室内が見えてしまうようになりました。
まあ、見えようが見えまいが、なるべく本物のイメージに近づけるために、上半分をカットします。


プラバンで斜めの板を追加。
ついでにタイヤハウス後部に開いていた三角状の隙間も埋めておきます。(矢印部)
詳しくは解りませんが、型割りの関係で開いちゃったんでしょうね。
「ま、いいか」って感じで製品になったに違いない!!
昔の製品だから許してあげる。(^。^)


ボディーを被せるとこんな感じ。


本物の写真を見ながら、こんな部品を作りました。
ボディーに合わせながら形を整えていくものだから、かなり時間がかかってしまった。


で、仮止めをしてみるとこんな感じになりました。
中央の板は本物は前傾するように取り付きますが、タイヤハウス上部の板の位置が高いため、前傾するのは難しそうです。
うーん、このままいくか作り直すか・・・悩むなあ・・・




ボンネットの内側に手を加えています。


ステーです。これでも・・・

バルクヘッド周辺を見せることになると、当然ボンネットを開けておくことになるので、このへんもそれっぽくしようと部品作りを始めましたが、なかなかそれっぽいものが出来ない。
作っては捨て、写真とにらめっこしてまた作り、の繰り返し。
やっと「まあ、いいか」程度のものが出来たのがこれ。
ステーなどは片方しか出来ませんでした。

とにかく部品作りは時間がかかります。
来週からは室内に手を入れよう!!!


ちなみに、目指すところはこれなのだ!
頑丈そうだねー。いかにもドイツ車。



先週作りかけたステーを仮止めしてみました。
白状しますが、このステー稼動しません。
ボンネットを開けたときのつっかい棒です。



あとは室内のじみなデティールアップ作業をつづけています。
特に写真を掲載するほどのものは無し。



ちまちまと部品作りは続きます。

1.2mmのプラバンでこんなものを作りました。
大体なんだかわかると思います。そう、サイドウインドウの内側モール(パッキン)です。中央のはセンターピラー。
窓の開いたモデルを作る度に、窓枠内側のモールが無く、薄べったいことが気に入らず、モールを作ってきました。
最初はパテを盛っていましたが、後からの成型が思うように行かず、今回はプラバンで作りました。


センターピラーですが、キットにはそれらしきものが無く、細い窓枠のみです。
センターピラーは車が横転したときに、屋根がつぶれないようにするための大事な構造物のはず。
無いと危険なので取り付けることにしました。^_^;
とはいっても、実物の写真を見る限り、それほど頑丈な様子は見られませんが・・・

情けないセンターピラー、というか、無い!


次はドアの内張りを少し立体的にします。


取っ手(?)が情けないので中央部を削り取って、プラバンで作ったものを貼り付けました。
それでも情けなさはあまり変わらず。


そこで取っ手は全部削り落とし、真鍮線でこんな心棒をつくり取り付けました。
因みに黒いところはマスキングゾル。
この方法は「模型電動士」さんの手法を真似させてもらいました。


真鍮線のまわりにパテを盛り付けます。(我ながらひどい盛り付けように、ちょっと心配)


固まったら、よいしょと剥がし成型します。マスキングゾルを塗ってあるので簡単に外せます。


内張りに取り付けてみます。
ちょっと長さが短いような・・・もうすこしパテを追加しましょうかね。
でもそれは次回のお楽しみということで、今週はここまで。



先ずは先週の続きから

取っ手を若干長くしました。ちょっと太目かもしれませんが、パーツの実物で見るとそれほど変じゃないです。
中央部にレバーも追加しました。(みんな仮止めです)


取っ手をリアルにしたらこっちもやらないと片手落ちですね。
窓開閉用ハンドルです。
アーム部はシルバー、持つところは黒なので色を塗ってから接着ね。
床に落としたら最後、ゴミだかパーツだかわかりません。いままで何度這いつくばったことか・・・
今回は落とさなかった。(^^)v


そろそろボディーの下塗りを考えるころ。
その前にやっておかねばならぬことがあるのです。

turboと2002のエンブレム。
最近のキットはエンブレムはメタルシール(?)で超リアルに再現されますが、昔のキットはこのように大抵凸モールドで再現されていました。
ボディーの塗装後シルバーなりで筆塗りしていましたが、私はこれがなかなか上手く塗れない。
せっかくきれいな塗装が台無しになることもしばしばでした。

そんなとき「おゆまる」の存在を知りました。
詳しい説明は省きますが、要するにあっためて柔らかくしてエンブレムにペッタンとやって型を取るのですわ。


型を取ったのがこちら。
turboの文字が分かると思います。


こちら2002


それにパテを塗りこみます。
これで固まったら取り出しますが、上手くできたことを確認した上でボディーの凸モールドは削り取ってしまいます。
エンブレムの取り出しは来週のお楽しみということで、今週はここまでだね。


戻る     次へ